現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

基本ムーブメント、セットオフェンス、DFシステム、ゾーンアタックなどを日々研究・解説しています。

最新NBA戦術紹介③ Drive with weakside screening & Corner to corner cut

今回も、Coach Danielチャンネルから、Advanced NBA Concpetsシリーズを紹介していく。
 
紹介するのは、Advanced NBA Concepts Part3から、以下の二つである。
 
①Drive with weakside screening
②Corner to corner cut
 
 
※青はオフェンス、オレンジはディフェンス、赤ラインはドリブル、緑ラインはパス
 
 
①Drive with weakside screening
 

f:id:ocum2013-041:20170713101100p:image

f:id:ocum2013-041:20170713101104p:image


 
この戦術は、「オフボールスクリーンが起きている間に、その逆サイドへドライブして攻める」という極めてシンプルな代物である。
特にNBAでは盛んにスイッチDFが行われる関係上、スクリーンに対してDFが集中する場面が少なくない。したがって、こうした戦術は特に有用になる。
 
もちろん、ボールマンが一人でマークマンを抜き去る(get by)ことができるのが最低条件だ。
 
この戦術は、特にエースプレイヤーを生かすコンセプトとして重要になるだろう。
 
 
 
②Corner to corner cut
 

f:id:ocum2013-041:20170713101108p:image

これは、ポストアップに対するダブルチームに際し、逆サイドのアウトサイドがボールサイド・コーナーにカッティングすることで、ワイドオープンを作る戦術である。
上図でいくと、2DFが5OFをケアせざるを得ないというポスト・ダブルチームの構造上の欠陥を衝き、対応不可能なポイント(ボールサイド・コーナー)へ2OFが移動するという、いわゆる”メタ戦術”になる。
 
ポストプレーの極めて強いインサイドが所属しており、かつそのインサイドへのダブルチームを喰らった際に有用なムーブメントである。