現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

基本ムーブメント、セットオフェンス、DFシステム、ゾーンアタックなどを日々研究・解説しています。

最新NBA戦術紹介④ Attack one-pass-away defence

今回紹介するのは、Coach Danielチャンネルから、Advanced NBA Concepts part4、"Attacking when the defense helps one pass away on the perimeter"(ペリメーターでワンパスの距離にヘルプに来られた時どう攻めるか)である。
 
アウトサイドからのドライブにヘルプが来た場合の攻め方は、以下の四つに分類される。
 
①Spot up shoot or drive
②Cut back door
③Move behind the ball handler
④Flare Screen
 
 
※青はオフェンス、オレンジはディフェンス、赤はドライブ、緑はパス
 
①Spot up shoot or drive 
 

f:id:ocum2013-041:20170714163349p:image

一番シンプルなパターンで、ヘルプ(2DF)の元々のマークマン(2OF)にパスをさばき、そのギャップからシュートかドライブに移行するケースである。
 
 
 
 
 
②Cut back door
 

f:id:ocum2013-041:20170714163354p:image

2OFへのパスもケアしつつヘルプに来られた場合は、2OFがバックドアを仕掛けることで、イージーバスケットを作ることが出来る。
 
 
 
 
③Move behind the ball handler
 

f:id:ocum2013-041:20170714163359p:image

ボールハンドラーの後ろまで回り込むことで、2OFはワイド―オープン3Pを打つことが出来る。2OFのギャップを大きくするため、1OFが(2DFに対する)スクリーンをセットするとより効果的である。
 
 
 
 
 
④Flare Screen
 

f:id:ocum2013-041:20170714163403p:image

 
2DFにフレアスクリーンを仕掛けることで、2OFがワイドオープンになるパターンである。
これに対し、5DFがローテーションして2OFをケアした場合、今度はスクリナーの5OFがフリーになる。