現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

素人に毛が生えた程度の奴が、現代バスケ戦術を考える。

最新NBA戦術紹介⑤ The late post double team

Coach Danielチャンネルから、Advanced NBA Concepts part5 "The late post double team"を紹介する。
 
※青はオフェンス、オレンジはディフェンス、赤はドリブル 
 
The late post double team
 

f:id:ocum2013-041:20170714163532p:image

 
インサイドがポストでボールを持ったとき、そのインサイドのポスト1on1の開始を待って、もう一人のインサイドがダブルチームにいく("late" post double team)というディフェンスである。
"late"と銘打たれたように、ボールを受けた段階や、パスを見ている段階ではダブルチームに行かず、ドライブインやロールターンに合わせてダブルチームに行くのがポイントである。
 
もしポストのボールハンドラーがまだパスを見ている段階でダブルチームに行ってしまうと、簡単に他のオフェンスにパスを合わされてしまうため、禁忌である。(動画内では失敗例も紹介されている)
また、ポストのボールハンドラーがドライブをキャンセルして、リトリートドリブルに移行した場合も、ヘルプDFはダブルチームをキャンセルして、元のマークマンに戻らなければならない。
 
加えて、ダブルチームを行っている間、オフボールDFのディナイ(特にヘルプサイドのペイントエリアのディナイ)がきちんと出来ているかが重要である。