現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

基本ムーブメント、セットオフェンス、DFシステム、ゾーンアタックなどを日々研究・解説しています。

最新NBA戦術紹介② Advanced switches

今回は、再びCoach Danielチャンネルから、Advanced NBA Concepts part 2より、"Advanced switches"を紹介したいと思う。
 
紹介されているスイッチDFは以下の三種類である。
 
①Bigs switch with each other
②2 switches in a row
③Switch on post ups
 
 
 
※青はオフェンス、オレンジはディフェンス、赤ラインはドリブル、緑ラインはパス
 
 
 
①Bigs switch with each other
 

f:id:ocum2013-041:20171119183832p:plain

その名の通り、ビッグマン(4番と5番)同士のスイッチDFのことを指す。

上図では、ボールスクリーンに対する1DF-5DFのスイッチの後、4DFが5OFをケアし、5DFは逆サイドの4OFをケアする。この形のスイッチDFが最もギャップが小さくなる。
ただし、4OFがアウトサイドまでストレッチしている場合は、ギャップが大きくなり、オープン3Pが打たれやすいという難点がある。
似た理由で、スモールラインナップを相手にすると使いづらいスイッチDFであることに注意を要する。
 
また、以下のように、Pindown(Away)に対しても類似のスイッチDFを行うことができる。
 

f:id:ocum2013-041:20171119183841p:plain

 
 
②2 switches in a row
 

f:id:ocum2013-041:20170712085759p:image

 
 
ボールスクリーンに対するスイッチの後、インサイドに出来たミスマッチをオフボールのスイッチで埋めるという形式のスイッチDFである。
 
実はこれは、Golden State WarriorsのスイッチDFコンセプトで紹介したTriple Switchとほぼ同じコンセプトのスイッチDFである。
 
 

f:id:ocum2013-041:20171119183735p:plain


Triple Switchでも同様だが、二つ目のオフボールスイッチは、インサイドだけでなく、相対的にサイズの大きいアウトサイドが行う場合も多い。

 

f:id:ocum2013-041:20170712085808p:image

 
このスイッチの後も5OF-3DFのミスマッチではあるが、5OF-1DFのミスマッチよりも"相対的に"守りやすくなる。
 
 
③Switch on post ups
 
これは事実上、Golden State WarriorsのスイッチDFコンセプトEmergency Post Switch "Scram"と全く同じコンセプトのスイッチDFである。
 

f:id:ocum2013-041:20171119183724p:plain


インサイドのミスマッチに対し、オフボールのインサイドDF(上図の場合は4DF)がスイッチに向かう形式である。

もちろん、②と同様、スイッチに向かうDFは相対的に大きいアウトサイドである場合もある。
 
また、スイッチすべきインサイドが既にボールを持っている状況(オンボールの状況)では、一時的にダブルチームに近い形をつくり、そこからスイッチに移行する。
 

f:id:ocum2013-041:20170712085817p:image