現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

現代バスケットボール戦術研究(Modern Basketball Tactics Research)

基本ムーブメント、セットオフェンス、DFシステム、ゾーンアタックなどを日々研究・解説しています。

スキルメモ(スクリーンを掴む、ハンズオフの基本スキルとしてのレッグスルービハインドetc)

この記事では、本来のブログの趣旨(戦術研究)から外れた、個別のスキルについてのメモをまとめてみる。

 

まずは「スクリーンを掴む」と言うコンセプト。

 

 

引用したツイートの通り、ユーザーがスクリナーを物理的に掴むことで、DFとのギャップを作っていることがわかる。

所謂ブラッシングというコンセプトの発展形になる。

本の学校で流行っているブラッシングの場合は、スクリナーを掴まず、可能な限り近く通るというだけの代物が多いと思われる。

だが、「スクリナーとユーザーの間に入られない」ということを達成したいなら、引用ツイートのように、「スクリーンを掴む」方が確実だ。味方を掴むのは反則でも何でもないのだから。

(柱を挟んで鬼ごっこをする様を想像してみてほしい。その際、間の柱を掴んだ方が、柱を利用して相手から逃げるにあたって格段にやりやすいはず。)

「スクリーンを掴む」ことで、スクリナーとの間を事実上ゼロ距離にすれば、ユーザーDFは、アンダー、オーバーのどちらかを迫られることになる。それに応じて、フェイドやバックドアといったオプションを的確に使いこなすことが簡単になる。もしスクリナーとの間隔が生じてしまうと、ユーザーDFにその間隔を利用され、ギャップを作るのが難しくなってしまう。

 

 

次に、ハンズオフの基本スキルとしてのレッグスルービハインド

 

 上記の自己引用ツイートではどちらもパチュリアのプレーを参考にしているが、過去にはボガットなどもこのプレーを得意とした。引用ツイート通り、意表を突いたタイミングと場所にパスを出せる上に、パスした時点でスクリーンセットが完了しており、チップやディナイもされにくいという利点の多いプレー。ただし、相手のDFの位置関係次第では、『相手にパスをしてしまう』というミスもあり得るので、十分注意する必要はある。

 

おまけ:バックダウンからのドローファール

 詳細は引用ツイート及び動画の通りだが、パワードリブルからリムの近くでターンショットを撃つ際、(相手がチップを狙うのも見越して)腕を相手側の入れ込むというプレー。特に、DFがチップを狙いたくなる絶妙な位置にボールを「見せる」のもこのプレーの肝ではないかと思っている。

 

【追記:2018/1/20】 PNRにおける、アンダー対策としてのフラットスクリーン

 

 

 

 

 

 

 ほとんど高坂さんの説明通りだが、フラットスクリーンに対してアンダーを行うと、リムへのドライブコースを空けてしまうことになるため、オフェンス有利となる。

これに対して、スクリナーDFがあらかじめカバーに出るようなら、スクリナーのスリップインが容易に成立することになる。

 

 

 

【追記:2018/1/30】PNRにおけるロールインへのアングルチェンジ・パス

 

 

 

 

 Pick and Rollに際し、三人目のプレーヤーを介してロールマンにボールを入れるコンセプト。

コーナー・ウィングを介すのがオーソドックスだが、引用動画のようにトップを介するパターンもある。

相手がハードヘッジやスイッチを用いるときに特に有効になる。

また、最後の引用動画のように、ロールマンに入れると見せかけてスキップパスを出すというのも重要コンセプト。

 

以上。

スパーズのP&Rディフェンス(Drop, Late Switch, etc) / Chop cutについて

今回は、お馴染みCoach Danielチャンネルから、スパーズのP&Rディフェンス解説動画(2個)の紹介と、Chop cutの紹介を行いたい。

 

①スパーズのP&Rディフェンス

www.youtube.com

www.youtube.com

 

スパーズのP&Rディフェンス紹介動画の最初は、"Drop"の紹介から始まっている。

f:id:ocum2013-041:20180109164106p:plain

Drop上記の通り(そして文字通り)、スクリナーDFがリム方向へ”Drop”して守るDFであり、いわゆるソフトヘッジとほとんど同じものだ。

このDFは、ボールマンのペネトレイトとスクリナーのロールインを双方守りたい場合に有効になってくる。

注意すべきなのはボールマンDFで、簡単なプルアップジャンパーを打たれないようにきちんとOverで追い掛け、プルアップに対してContestしなければならない。

以下に示すようなバリエーションがある。

f:id:ocum2013-041:20180109164335p:plain

最初のForce Directionは、ボールマンDFが方向づけをすることで、ボールマンのドライブ方向を誘導するコンセプトである。ドライブ方向を絞ることが出来れば、カバーDFの混乱が起きなくなる。

二番目のContest vs Snakeは、スネークドリブルに対し、ボールマンはOverによる遅れを可能な限り埋めつつContestしなくてはならない、というコンセプト。ここからイージーなジャンパーを打たれてしまうと、Dropを続けるのが厳しくなる。

三番目のDropping backは、DropしているスクリナーDFが、ボールマンDFのジャンパーへのチェックを行わず、むしろロールインするプレーヤーへのパスをケア&ボックスアウトを行うことに集中するというコンセプト。Dropの弱点は、やはりロールインするプレーヤーへのパスが通りやすいことだし、カバーDF全般の弱点として、ビッグマンへのボックスアウトが疎かになるというところがあるので、この二点には十分注意しなくてはいけない。

 

次に、Dropコンセプトが”捨てる”シュートについて。

f:id:ocum2013-041:20180109170414p:plain

プルアップはマークマンがチェックするとしても、やはりフローターまではケアし切れない。また、ロールインするプレーヤーが、フリースローライン当たりで止まってジャンパーを狙う場合もケアが難しい。相手のプレイスタイル次第では、あまり機能しないDFであることには注意したい。(尤も、それはどのDFにおいても言えることだが)

また、動画冒頭でも強調されているとおり、Dropコンセプトは、スクリナーのポップに滅法弱い。スクリナーがポップからの3Pなどを得意とする場合は、あまり効果的でないDFであることには注意しておきたい。(少なくとも、何の改変も加えずにそのまま用いることは出来ないだろう)

 

次に紹介されているのが”Late Switch (Veer)”だ。

 

f:id:ocum2013-041:20180109201124p:plain

以前にスティーブンス、メッシーナのボールスクリーンDFコンセプト +α(Veer-Back)の方でVeer-Backとして紹介したのと同じコンセプトで、Dropから一拍置いてスイッチに移行するDFコンセプトである。

図の通り、ハンドラーがリムにアタックしたのに合わせて、ロールインするプレーヤーへのパスをケアし、なおかつスクリーンアウトを行うというのが目的になる。

 

ただしこの場合、ガードDFがビッグマンをスクリーンアウトすることになるので、サイズのミスマッチが生じる。このミスマッチに対しては、以下のように、周りのDFがディフェンスリバウンドの補助を行うことで対策しなくてはならない。

f:id:ocum2013-041:20180109201826p:plain

 

また、ハンドラーがシュートを選択することが予想できた場合は、ハンドラーDFはスイッチするのではなく、以下のようにカバーDFと強力してシュートのContestを行うという判断も十分にあり得る。

f:id:ocum2013-041:20180109202035p:plain

 

Late Switchの弱点についてもきちんと知っておこう。Late Switchに対して、ハンドラーがそれを察知してリトリートドリブルを行った場合は、ミスマッチが発生してしまい、Hitbackなどでそのミスマッチを攻撃されることになってしまう。

f:id:ocum2013-041:20180109202143p:plain

 

次に、スパーズのP&RディフェンスにおけるオフボールDFの動きについての解説に移ろう。

f:id:ocum2013-041:20180109203125p:plain

オフボールDFは、ロールインに即座にBumpできるよう、ペイントエリアに片足を入れた位置を取る。それでいて、キックアウトに対しては即座にクローズアウトできなくてはいけない。(※マークマンがシュートを不得手としている場合は、敢えてそのプレーヤーを捨ててBumpに集中しても良い)

この場合、逆にオフボールDFがマークマンに近づきすぎていると、却ってBumpとクローズアウトを両立させ辛い。Bumpを狙いに行った瞬間にキックアウトされたら、そのシュートをケアするのは困難になってしまうからだ。

 

最後に、サイドからのDHO及びP&Rに対するDFについてである。

f:id:ocum2013-041:20180109203621p:plain

スパーズでは、DHOに対してユーザーDFへの激しいディナイ(あるいはチップ)を狙う様にしている。これによってターンオーバーを誘発したり、DHOからのイージーなプレーを防ぐことが期待できる。

ただ、こうしたハードなDFは、バックドアを狙われやすい。上図でも示しているとおり、バックドアに対する強いケアを行うことが重要だ。

 

以下はサイドP&Rに対するLate Switchを示す。

f:id:ocum2013-041:20180109203854p:plain

上記のような図解・解説を頭に入れて今一度Coach Danielの動画を見れば、よりいっそうDrop系ディフェンスへの理解が深まるはずである。

繰り返しになるが、このDrop系のディフェンスはPick & Popにはあまり有効ではない。実際スパーズは、Deffeinsive Rateはかなり良い方だが、3Pを結構打たれてしまっているそうだ。その理由はP&Pへの弱さもあるのではないだろうか。

P&Pに対するローテーションについては、先ほども挙げたスティーブンス、メッシーナのボールスクリーンDFコンセプト +α(Veer-Back)のスティーブンスの項を見ると良いと思う。

 

 

②Chop cutについて

 

Chop cutは、以下の動画で紹介されたカッティングプレーである。

www.youtube.com

 

簡単に言えば、P&Rに合わせて、三人目のプレーヤーがダイブするプレーになる。

f:id:ocum2013-041:20180110062402p:plain

オフボールDFは、ロールマンをケアしつつ(Bumpを狙いつつ)、キックアウトされたらクローズアウトしてシュートにContestするというのが定石だ。

Chop cutはこれの逆を突き、ロールインしたプレーヤーの後を追うようにしてボールサイドカットすることで、イージーショットを狙うのである。

もしこのChop cutをケアしようとすると、上(右側)でも示したように、ロールインに対するBumpが疎かになるので、簡単にロブパスが通ってしまう。

このように、Chop cutは非常にDFの難しいコンセプトなのである。

ダラス・マーベリックスには、Chop cutに移行する2つのセットがあると紹介されている。

 

f:id:ocum2013-041:20180110063605p:plain

一旦Cutterにボールを預け、そこからの展開と同時のP&Rを仕掛け、Chop cutに移行する。当然、それをケアして2のマークマンがBumpを怠れば、必ずロールマンへのLobを狙う。

 

f:id:ocum2013-041:20180110063832p:plain

AI(アイバーソンカット)&アンダースイング(≡OverUnder)から、P&RおよびChop cutに移行するセット。最終形はSet 1と同じになる。

 

※この動画の後半のBonus Trackとして、Changing side in transitionというコンセプトが紹介されている。その名の通り、速攻~アーリーにおけるサイドチェンジのことで、そうすることで相手のピックアップを混乱させ、オープンショットを作りやすくするというコンセプトである。(これを防ぐには、DF側の良いコミュニケーションが求められる) どんな運用がされているかは、実際に動画を見てみると良い。

 

 

サイドピックによる2-3ゾーンアタック(Side PNR vs 2-3 Zone)

今回は、お馴染みのPICKANDPOP.NET(Zak Boivert)から、以下の記事の紹介をする。

pickandpop.net

f:id:ocum2013-041:20171224182336p:plain

サイドピックに対して、図のようにx1とx2がスイッチを仕掛けてくるなら、逆サイド(ヘルプサイド)にアウトナンバーを作ることができる。

 

 

f:id:ocum2013-041:20171224182431p:plain

サイドピックに対して、図のようにファイトオーバーをしてくる場合の一つの選択肢としては、ボールサイド(ストロングサイド)にオーバーロードを作ることである。

サイドピックに合わせて、コーナーからウィングへリプレース、逆サイドからコーナーへスイングし、ロールするプレーヤーはポストアップ&シールを行う。

 

 

f:id:ocum2013-041:20171224182549p:plain

サイドピックに対するファイトオーバーへの二つ目の対策は、スクリナーのポップである。

スクリナーがウィングにポップし、コーナーは、スイングすると見せかけて再びコーナーにスポットアップ。

逆サイドのビッグマンがポストに入り、オーバーロードの形を取る。

 

 

関連記事

mbtr.hatenablog.com

最近のおすすめオフェンス Rockets, Celtics, Warriors, Pistons ...

Delay Series (Rockets)

www.youtube.com

 

f:id:ocum2013-041:20171223140352p:plain

 

Snap Series

www.youtube.com

f:id:ocum2013-041:20171223141801p:plain

 

Celtics "Fist" Series

pickandpop.net

f:id:ocum2013-041:20180126205745p:plain

f:id:ocum2013-041:20180126205759p:plain

 

 Warriors "Post Split "

 

 

f:id:ocum2013-041:20180126172300p:plain

 

Pistons Opening Set

f:id:ocum2013-041:20171223143116p:plainf:id:ocum2013-041:20171223143158p:plain

 

Flare to Chicago (Pistons)

 

f:id:ocum2013-041:20171223143307p:plain

 

 

過去のオフェンス紹介

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

スイッチDFの攻略法 追加

以前、PICKANDPOP.NETから、Switch Attackingを紹介した。

mbtr.hatenablog.com

現在、PICKANDPOP.NETからさらに新しいSwitch Attackingが紹介されているため、それをここで紹介したい。

 

pickandpop.net

f:id:ocum2013-041:20171217100128p:plainf:id:ocum2013-041:20171217100137p:plain

スイッチDFに対して特に有効なSlipコンセプトの一つ。

 

 

f:id:ocum2013-041:20171217100148p:plainf:id:ocum2013-041:20171217100156p:plain

ユーザーのBackdoor、スクリナーのSlip inという、スイッチDFが不得手とするムーブ二種類が組み合わさっており、非常に守り辛いコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217100209p:plain

これもスイッチが不得手とするSlipムーブ。

 

f:id:ocum2013-041:20171217100218p:plainf:id:ocum2013-041:20171217100729p:plain

Pindownをスイッチさせてから、インサイドのミスマッチにボールを入れるコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217100818p:plain

現代バスケットボールの基本的な動きで"Twist"として紹介したムーブ。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101045p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101054p:plain

PNRによって出来たインサイドのミスマッチを、相手がフルフロントでDFしてきた場合、もう一人のインサイドがハイポストにフラッシュすることで、容易にハイロープレーを作ることが出来る。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101157p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101203p:plain

相手が図のようなスイッチアウトを行ってきた場合、スクリナーのフラッシュ、ユーザーのバックドアでイージーバスケットを作ることが出来る。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101310p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101318p:plain

Back Screenに対してスイッチを仕掛けてきた場合、スクリナーの裏がフリーエリアになるため、Sealすることで簡単に裏を取れる。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101431p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101441p:plain

ビッグマンが外、ガードが中の状態からのBack Screenをスイッチさせたら、即座にアウトサイドのミスマッチを作ることが出来る。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101546p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101553p:plain

スイッチの弱点であるSlipのパターンの一つ。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101631p:plainf:id:ocum2013-041:20171217101639p:plain

f:id:ocum2013-041:20171217101649p:plain

スイッチ攻略用のセットオフェンスの一つ。

二重、三重のスクリーンでビッグマンに確実にガードがつくように仕向け、ビッグマンの裏をクリアにしてから、ロブパスを供給するというコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101841p:plain

Hornsの形からPNRのロールインに対してコーナーを経由してボールを入れるだけで、スペースの広いインサイドのミスマッチを攻めることが出来る。

 

f:id:ocum2013-041:20171217101951p:plain

ボールスクリーンとフレアスクリーンの組み合わせにより、ポップしたプレーヤーにビッグマン(x5)がつかざるを得なくなり、そのミスマッチを攻めることが出来る。

 

pickandpop.net

 

f:id:ocum2013-041:20171217103929p:plainf:id:ocum2013-041:20171217103939p:plain

f:id:ocum2013-041:20171217103948p:plainf:id:ocum2013-041:20171217103955p:plain

PNRからインサイドのミスマッチにボールを入れるコンセプト。コーナーに誰もいない(Empty)パターンと、コーナーを経由してボールを入れる(Corner Filled)パターンがある。

 

f:id:ocum2013-041:20171217104400p:plain

5のスリップに対し、相手(x5)がスイッチをキャンセルする場合、(x1が既に5へのスイッチの準備をしてしまっているせいで)元々5とx5が居たところにドライブコースが出来る、というコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217104958p:plainf:id:ocum2013-041:20171217105014p:plain

このタイプのPNRスイッチの場合、図の通り逆側にドライブコースが出来やすい。そこにPNRスクリナーのClearoutも組み合わせて、アウトサイドのミスマッチを攻めるコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217105142p:plain

Pick and Popから、ハンドラーが逆側に切り返すコンセプト。

 

f:id:ocum2013-041:20171217105216p:plain

Running Slipとほぼ同じ。

 

f:id:ocum2013-041:20171217105239p:plainf:id:ocum2013-041:20171217105251p:plain

Corner Filledに形は似ているが、コーナーを経由しない。

 

f:id:ocum2013-041:20171217105332p:plain

コンセプトとしてはDrive the Slipとほぼ一緒。こうしたスライスカットだけで相手のスイッチDFを混乱させることができる。

 

f:id:ocum2013-041:20171217105443p:plainf:id:ocum2013-041:20171217105450p:plain

Pick and Popに対し、スイッチ&ディナイを仕掛けると、このように簡単にBackdoorを取ることが出来る。

 

以上。

 

おすすめ記事

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

mbtr.hatenablog.com

「Pick and Roll Passing」―バスケットボール戦術クリニック①’―

参考動画

www.youtube.com

f:id:ocum2013-041:20171203015528p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015536p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015546p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015555p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015614p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015622p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015635p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015644p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015657p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015706p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015715p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015721p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015728p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015734p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015742p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015751p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015801p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015807p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015814p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015822p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015831p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015838p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015845p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015852p:plain

f:id:ocum2013-041:20171203015859p:plainf:id:ocum2013-041:20171203015907p:plain

 

追加

f:id:ocum2013-041:20171212204536p:plainf:id:ocum2013-041:20171212204616p:plain

参考リンク:

www.youtube.com

 

「フレアスクリーン」―バスケットボール戦術クリニック⑤―

  1. 悪いフレアスクリーン・良いフレアスクリーン

f:id:ocum2013-041:20171130215548p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215558p:plain

フレアスクリーンは、リムから十分に離れた位置で、DFのランコース上にセットするのが望ましい。リムに近すぎる場合は、BackdoorやFadeといったオプションを狙えないため、ノーリスクでユーザーDFがオーバーし、簡単に守られてしまう。

 

  1. “Over” Concept like Top-Lock for Flare Screen

f:id:ocum2013-041:20171130215616p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215623p:plain

Top-Lockとは、Away(Pindown)に対し、ユーザーDFがハードディナイしつつ、スクリナーDFがBackdoorをケアするコンセプト。フレアに対しては、Top-Lockと似たコンセプトで、ユーザーDFが思い切りオーバーし、スクリナーDFがBackdoorをケアする形で守られる場合がある。このDFシフトに対するCounterを用意しておかなくてはならない。

  1. Counter for “Over” Concept

f:id:ocum2013-041:20171130215635p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215641p:plain

f:id:ocum2013-041:20171130215656p:plain

スクリナーがElbowに上がり、Backdoorパスを中継するプレー(Blind Pig)、ユーザーのバックカットをケアさせてからスクリナーがバックカットを仕掛けるプレー(Double Backdoor)、ユーザーがスクリナーDFにスクリーンを掛けるプレー(Counter Screen Concept)などがカウンター戦術として考えられる。

  1. Counter for Switch DF

 

f:id:ocum2013-041:20171130215709p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215716p:plain

f:id:ocum2013-041:20171130215731p:plain

スイッチDFに対しては、相手のDFの先読みの裏を欠くBackdoorやFlare Slipの他、スイッチアウトへのカウンターとしてのScreen your own manが挙げられる。

  1. ボールマンに視野を集中させる

f:id:ocum2013-041:20171130215744p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215750p:plain


ボールマンに視野を集中させることで、Flare Screenにかかりやすくするコンセプトである。Give&FlareはFlare Screenユーザーに直前までボールを持たせることでユーザーDFの視野を狭くしてFlareにかかりやすくさせるプレー。PNP Flareはボールマンへのカバーのために視野が狭くなっているPNPスクリナーDFにFlare Screenをセットするプレー。

  1. おまけ:Flare Screen基本4タイプ

f:id:ocum2013-041:20171130215917p:plainf:id:ocum2013-041:20171130215937p:plain

f:id:ocum2013-041:20171130220008p:plainf:id:ocum2013-041:20171130220029p:plain